値段で妥協することについて

オピニオン

こんにちは、Na0kiです。

今回は、昨日ツイートしたことについて、お話させていただければと思います。

服の買い方

昨日のツイートがこちら。

値段で迷って、類似品を買うよりは、本当に欲しい服を買った方がいい。

これは、高い服を買った方がいいと言っているわけではありません。
僕自身、”値段が高いもの=いいもの”とは限らないと思っています。

ただ、値段で妥協してしまって、類似品を買ってしまえば、その服はただの”類似品”です。
それ以上には、決してなりません。
その服には「妥協してしまった。」という思いが残り、結局のところ、本当に欲しかった服がずっと欲しいままの状態に陥ると思います。

それであれば、初めから本当に欲しい服を買えば、時間もお金も機会も失わなかったのではないかと。

では、類似品は買わない方がいいかというと、そういうわけでもありません。
欲しい服と類似品を比べたときに、類似品でも自分が求めているものを満たせると判断するのであれば、よく言う”いい買い物”をしたということになると思います。

要は、値段を購入する時の最終決定要因にすべきではないということ。
「高いから。」、「こっちの方が安いから。」では、いつまでたっても本物にはたどりつけないです。

少しでも頑張ってお金を出して買った服は、その時の思い・記憶が残って、大切にずっと着るはずです。
そして、頑張って買った分だけ、仕事も頑張ろうという気持ちが沸いてくると思います。
それで仕事でいい成果を出して、前以上に稼ぐことができれば、とてもいいですよね。

服を買うという消費行動が、収入が増えるというリターンにつながる。
投資的な消費といえるのではないかと。

最後に

服・生活・食などに、どれだけお金を配分するかは、人のライフスタイル・価値観によって様々です。

ただ、モノを買う上で”値段で妥協して類似品を買う”ということだけは、しない方がいいと僕は思います。

本当に欲しいものを買い続けば、また違った世界が見えてくるかもしれません。
そうなれば、その人にとっては、モノを買う以上の価値をもたらしていると思います。

僕自身も、初めからこのような消費ができていたわけではありません。
自分自身で身銭を切って、たくさん失敗してきて、恐らくこれからも失敗すると思います。
でも前以上に失敗しない自身はあります。

モノを買うとき、そのものが自分自身にとって最良の選択か?・妥協はしていないか?ということを、日常の中で考えてみることが大切だと思います。

このブログを読んでいただいた方は、何かを購入する時、是非考えてみてください。

今回はこの辺で。
読んでいただき、ありがとうございました。

オピニオン
スポンサーリンク
シェアしていただける際は、こちらから
Na0kiの各SNSは、こちらから
服と僕

コメント