誰もが1度は手にしたい名品「ParabootのChambord」

誰もが手したい名品。それは時代の流れにとらわれず、普遍的でリアル。しかし、手頃というわけではなく、誰もが憧れを持ち、努力して手に入れたいもの。経済的に無理をしてまで買う必要はない。むしろ、それは買わなくてもいいのかもしれない。 それでも努力して、身銭を切ってまで手にしたそのものは、きっと何よりも替え難い大切なものになる

男を上げてくれる足元「WHEEL ROBEのプレーントゥシューズ」

おしゃれは、足元から。とはよく言ったもんですが、足元に気が利いている人を見るのがとても好きだったりします。 履いている靴は、その人の好みや性格、普段どのような生活をしているのか少しばかり垣間見えるような気がしているから。
スポンサーリンク