オピニオン

【2019年ベストバイ】僕の2019年買ってよかったもの。

年も明けてから1週間経とうとしていますが、備忘録として僕の2019年に買ってよかったものをご紹介したいと思います。今更感がありますが、こうやってブログに残しておいて数年後、数十年後見返したときに「あの頃はあんなもの買ってたなあ。」って見返すことができたらおもしろいよなあと思い立ち、今に至ります。

誰もが1度は手にしたい名品「ParabootのChambord」

誰もが手したい名品。それは時代の流れにとらわれず、普遍的でリアル。しかし、手頃というわけではなく、誰もが憧れを持ち、努力して手に入れたいもの。経済的に無理をしてまで買う必要はない。むしろ、それは買わなくてもいいのかもしれない。 それでも努力して、身銭を切ってまで手にしたそのものは、きっと何よりも替え難い大切なものになる

男を上げてくれる足元「WHEEL ROBEのプレーントゥシューズ」

おしゃれは、足元から。とはよく言ったもんですが、足元に気が利いている人を見るのがとても好きだったりします。 履いている靴は、その人の好みや性格、普段どのような生活をしているのか少しばかり垣間見えるような気がしているから。

快適な日常を支える「COLINAのウォッシャブルウールTシャツ」

毎日服を選ぶとき、誰しもがその日の気候に合わせて選ぶことが当たり前になっていると思います。 (おしゃれのために多少なりとも我慢しているという方もいらっしゃるかと思いますが。)ただ、そこで厄介なのが気候の変化。特に季節の変わり目は、1日の中で気温が著しく変化することも。

孫の代まで着続ける。「Porter Classicのシャツ」

1着の服を一生着続けることは、容易なことではない。世代を超えるようであれば尚更難しい。流行・趣向・体型・価値観・ライフスタイルなど、人は様々な出来事を通じて、日々少しずつ変化しています。昨日まで愛されていたものが、何かがきっかけで瞬く間に消えていってしまうことも、この世の中にはあるのではないかと。

服を通じて、社会との接点を持つ。「THE INOUE BROTHERSのマフラー」

「服を通じて、社会との接点を持つ。」 僕が服を買う・着る上で、あれば尚良いと思うポイントです。例えば、僕の中でPatagoniaの服はその1つ。 デザインや機能性も個人的には申し分ないと思っていますが、何より「Patagoniaの商品を購入すれば、企業の利益を通じて環境保護への取り組みに少しでも貢献できる。」というとこ

何に価値を見出すか?「Supremeの無地Tシャツ」

こんにちは、Na0kiです。早速ですが、まずは服の紹介から。こちらは、Supreme(シュプリーム)というブランドの無地Tシャツです。 ストリートファッション界で、恐らく最も有名且つ人気のブランドですね。

暮らしの中にぬくもりを。「Patagonia R2ジャケット」

そろそろ寒くなってきて、何より求めることは暖かさ。 でも暖かすぎず、寒すぎず。また硬すぎず、重すぎず。生活の中で、ルーズな気持ちで快適な暖かさを手に入れられるのは、寒い時期を過ごしていく上で大切なポイントなのではないかと思います。今回は、そんな寒い季節にぴったりな服をご紹介したいと思います。
オピニオン

服を着ることを諦めないで欲しい。

こんにちは、Na0kiです。昨日1つツイートをしました。僕は小学校の高学年~中学生の時は太っていたので、自分の体型に対してコンプレックスを感じていました。 そして、今でも鏡を見ると「足が太いな。」とか「もっと華奢だったらな。」なんて思って、嫌になることがたまにあります。 本当にたまにだけ。
和服

東京・浅草にある老舗履物問屋「長谷川商店」でお買い物

東京・浅草にある老舗履物問屋「長谷川商店」さんで、お買い物してきました。 僕は和服・着物も好きで、昨年自分の着物・羽織を購入しました。 ただ、襦袢・草履・帯等は自分用のものがまだなく、着用する時は父親の私物を借りていました。そして、今回購入することができたのが、この藁草履です。
スポンサーリンク